具体的な研修プログラムの効果

内定者の働く意欲を左右する研修プログラムの重要性

高齢社会の到来した日本において、若い労働者の確保はどの企業でも重要な課題となっています。去年(2016年)の出生率が100万を切ったことを考え合わせれば、ますます人材が貴重な時代になってくると言えます。
一方で、新卒や既卒で入った会社を3年足らずで辞めてしまう人もいます。いわゆる企業と労働者のミスマッチ問題です。これは労働者が企業に求めるものと、企業が労働者に求めるものが食い違った結果、起こってしまいます。
企業としても、人を雇い育てるには相応のコストがかかります。そのため、内定者に対して、手厚い研修プログラムを受けてもらうことで、会社での仕事の意味を知り、「ここは失敗だった」という気持ちにさせないよう工夫することが重要になってきます。
内定者の研修プログラムにも色々ありますが、仕事というのはほとんどが他人とコミュニケーションすることで成立しているので、グループワークを円滑に進めるための訓練が必要になります。初歩的な教育が終われば、つぎはより長期的な人生設計を考えてもらうことも重要になります。しかしこういったプラグラムを組み立てるには、ノウハウがないと難しいでしょうから、専門の会社に相談するのが一番です。
あらかじめ研修プログラムを内定者に受けてもらっておけば、心の準備もできます。不安な状態で働きだすと、思いつめてしまいますから、企業側は最初の段階で綿密な対策をとっておくことが働きやすい会社づくりの第一歩になります。

内定者研修を行う時期について

就職活動で内定をもらった人が入社前に事前に研修を行うことを「内定者研修」といいます。最近では、こういった内定者研修を実施する企業が非常に増えてきています。内定者研修の時期は10月の内定式以降が一般的だと言われていますが、2月や3月に実施する企業も多いです。
研修期間は、ほとんどの企業が大体1~2週間の期間で研修を行っています。ただこれは企業によってかなりバラバラで、入社式までの間の長期間で定期的に内定者研修を行う企業や、1週間に1度のペースで行う企業、1ヶ月に1度のペースで研修を行っている企業も中には存在します。
そして、その内定者研修とはどのようなものになっているのでしょうか?内定者研修のプログラムで主に組まれる狙いとしては「内定者にその会社の魅力を感じてもらい内定の辞退をふせぐ」、「入社をする前に、内定者が働くうえで必要なビジネスマナーや心構えを知ってもらう」などがあります。企業側が内定者研修のプログラムを進めていく上で、内定者同士やその企業の社員とのコミュニケーションを図れるような機会を与えたり、その企業の魅力など企業のことを知ってもらう場を提供したりするなどということがあります。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月25日
心構えを学ぶ場所を更新。
2017年08月25日
具体的な研修プログラムの効果を更新。
2017年08月25日
リアルな現場で体験することが大切を更新。
2017年08月25日
会社の一員になるためにを更新。

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930